福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

電話予約050-3138-4535
ネット予約
物が歪んで見える
HOME > 物が歪んで見える

物が歪んで見える

・黄斑円孔
・黄斑上膜
・加齢黄斑変性
・糖尿病性網膜症

黄斑円孔

黄斑円孔は、目の中にある網膜と呼ばれる部位の中心(黄斑)に穴が開く疾患です。黄斑部に穴が開くと、見ようとする中心が見えない、視力が低下する、歪んで見えるなどの症状があります。

黄斑円孔についてはこちら

黄斑上膜

黄斑前膜とも呼ばれます。黄斑の網膜の前に薄く透明な膜が張っている状態です。膜は徐々に厚くなり、網膜を引っ張るようになるため、網膜にシワが生じます。それにより、物がゆがんで見えるようになり、視力も低下します。

黄斑上膜についてはこちら

加齢黄斑変性

眼の中にある網膜と呼ばれる部位は、見た映像を受け止め、神経にその情報を送る役割を持っています。特にその中心を黄斑と呼び、物を見るために最も重要な部分となります。黄斑が加齢とともにダメージを受けて変化することで、視野の中心が歪んで見えたり視力低下を引き起こしたりします。

加齢黄斑変性についてはこちら

糖尿病性網膜症

糖尿病が原因で網膜の血流が悪くなり黄班がダメージを受けてゆがみなどを生じます。視界がかすんだり視力の低下を引き起こしたりします。症状が進行すれば失明に至る場合もあります。

糖尿病性網膜症についてはこちら

 

 

↑