福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

中心性漿液性網脈絡膜症
HOME > 中心性漿液性網脈絡膜症

<中心性漿液性網脈絡膜症>

網膜の下に水が貯まる病気で、視力低下、歪み、中心が暗くなる等の症状が生じます。
眼底検査、光干渉断層計、蛍光眼底造影検査などで診断を行います。
治療を行うことで、水は吸収されますが、病期が長い場合は見え方の異常が残り易くなります。
また、一端改善しても再発を繰り返すこともあります。

<治療>

内服治療などを行いますが、十分に効果が得られない場合は、レーザー治療を行います。

<当院での治療>

内服やレーザーによる治療を行っております。
レーザー治療は効果的ですが、病変が中心に近い場合には治療が行えません。
当院では中心付近の病変に対しては、光線力学的療法(PDT)と呼ばれる特殊な
レーザー治療も行っております(下図参照)。
CSC 画像1CSC 画像2

効果的な治療ですが、自費での治療となりますので、治療をご希望の方はご相談下さい。

 

 

↑