福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

緑内障
HOME > 緑内障

緑内障

緑内障により障害された視神経

緑内障により障害された視神経

眼の視神経が障害されることにより、視野(視界)が狭くなる、見えない場所が出現するなどの症状を引き起こす疾患です。40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障と言われています。初期には自覚症状が乏しいため、診療を受けられていない方も多いのですが、緑内障で失われた視野は治療を行っても改善しないため、できるだけ早期に診療を受けることが大切です。

緑内障の治療

一度生じた視野障害は治療を行っても改善させることができないため、緑内障の治療は症状の悪化を抑えることを目的とした治療となります。緑内障と眼圧は重要な関係があり、眼圧を下げることが緑内障の悪化を抑えることに繋がりますので、点眼・レーザー・手術などの眼圧を下げる治療を行います。

当院の特徴

当院では、一般的な眼科検査に加えて、OCT(光干渉断層計)による画像解析、視野検査の統計解析ソフトを導入しており、緑内障の状態を詳しく調べることができます。
また、緑内障の手術は複雑であり、手術を行う施設は限られています。当院では緑内障手術も行っておりますので、初期から末期の緑内障まで状態に応じた治療を行えます。

↑