福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

黄斑上膜
HOME > 黄斑上膜

<黄斑上膜>

黄斑上膜は、網膜の表面に膜状の組織が張る病気です。
膜は徐々に厚くなり、網膜を引っ張るようになるため、網膜にシワが生じます。
それにより、物がゆがんで見えるようになり、視力も低下します。
原因がない場合が多いですが、網膜裂孔や眼底出血などの疾患が原因と
なっていることもありますので、眼底の詳細な検査が必要となります。

スライド1

スライド2

スライド3

 

<黄斑上膜の治療>

硝子体手術を行い、網膜の上に張った膜を除去します。
手術により物のゆがみや視力の改善が期待されますが、病状が重度である程、
障害が残り易くなります。
術後に再発する場合もあるため、当院では内境界膜の剥離も合わせて行い、
再発を抑えております。

↑