福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

加齢黄斑変性
HOME > 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性による眼底出血

加齢黄斑変性による眼底出血

眼の中にある網膜と呼ばれる部位は、見た映像を受け止め、神経にその情報を送る役割を持っています。
特にその中心を黄斑と呼び、物を見るために最も重要な部分となります。
加齢黄斑変性はその黄斑が障害される病気で、視力の低下、ゆがみ、暗く見えるなどの症状が生じます。
加齢黄斑変性は、新生血管と呼ばれる異常な血管が形成される滲出型と、黄斑周囲の組織が徐々に委縮する萎縮型があります。
滲出型は病状の進行が早く、見え方が急激に悪化します。萎縮型は病状の進行は緩やかですが、時に滲出型に変化することがあるため注意が必要です。

加齢黄斑変性の治療

抗VEGF(血管内皮増殖因子)治療、PDT(光線力学的療法)などの治療法があり、各々単独、もしくは併用して治療を行います。治療により病状が改善しても視力障害は残るため、適切な時期にしっかりと治療を行うことが重要です。

当院の特徴

加齢黄斑変性では、検眼鏡やOCT(光干渉断層計)による眼底検査に加えて、造影剤を用いた蛍光眼底検査が重要です。一般的なフルオレセインを用いた蛍光眼底造影検査だけでは病状を正確に把握できないため、当院ではインドシアニングリーンを用いた蛍光眼底造影検査も取り入れております。
また、当院では抗VEGF治療に加えて、光線力学的療法も行っております。特殊な治療のため、備後地区では当院でのみ治療が可能です。抗VEGF治療が行えない、効果がない場合などでも、光線力学的療法が有効な場合もありますので、ご相談ください。

↑