福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

白内障について
HOME > 白内障について

白内障について

1.白内障とは

2.白内障の程度と手術の時期

3.当院の手術の特徴

4.手術の流れ

5.注意事項

6.白内障手術費用について

7.多焦点眼内レンズについて

1.白内障とは

白内障は年齢・糖尿病・アトピー・外傷などにより眼の中にある水晶体が濁る病気です。水晶体はレンズの役割をしています。白内障になると濁ったレンズを通して物を見ることになるため、視力の低下・かすみ・まぶしさ・2重に見えるなどの症状が出現します。50歳代の50%、60歳代の70%、70歳代の90%、80歳代の100%に白内障があるといわれます。

白内障の原因

原因としては最も多いのが加齢によるものです。そのため、高齢者ほど白内障が多くなります。
この他の原因として、紫外線・放射線・ステロイドホルモンなどの薬剤・全身疾患などがあります。 赤道に近い地域・国ほど白内障の頻度は増加します。サングラスやつばの大きい帽子をするなど紫外線対策は重要な予防策になります。

白内障の治療

点眼や内服の治療がありますが白内障の進行を遅くするもので、残念ながら改善は難しいのが現状です。
日常生活が不自由を感じるようであれば手術を受けられたらよいでしょう。手術は10分前後で、患者様は高度な手術を楽に受けられるようになりました。超音波を用いて濁った水晶体を取り除き、人工のレンズ(眼内レンズ)に置き換えます。濁りがなくなることで、視力の改善が期待できます。

2.白内障の程度と手術時期

白内障初期

水晶体の混濁があるが軽度のため自覚症状がない状態です。この時期が10年以上続く場合も多いです。

白内障中期

この時期はすれ違う人の顔がわからない・まぶしい・逆光で見にくい等の訴えが多くなります。
相対的手術適応であり、その患者さんの生活や見え方に対する要求度によって手術時期も異なります。

ご本人が手術を受けたいと思うようになったときが手術時期といえます。白内障の濁りがある程度あっても視力は1.0ということもあります。

このような場合でもゴルフのボールの球筋が追えなくるなどの訴えで手術を受けたいという方もおられます。

普段は困らないが視力が0.7を割ってしまい自動車免許の更新が出来なくて手術をうける方もいらっしゃいます。

あるいは足腰のしっかりしているうちに手術を受けたいという方もおられます。

ご自身やご家族の都合が良い時期に手術を受けられればよいでしょう。

白内障中期~成熟期

この時期には水晶体の濁りも進行し視力も0.4~0.5以下まで低下してきます。そろそろ手術を受けた方がいいですよと医師から言われる時期になります。

この時期でも1ヶ月以内にしないと手遅れになってしまうというわけではありませんから、ご自分の都合の良い時期に手術を受けられたらいいでしょう。

白内障成熟期~過塾期

あまり白内障が進行すると術前検査も難しくなり、手術自体も難易度が増してきます。

このような時期になる前に、手術を受けられた方がいいでしょう。

手術の時に目の中へ入れる眼内レンズの度数を決めるために当院ではより正確に測るためにレーザーによる眼軸長計測を行います。

若い人に多い後嚢下白内障では数ヶ月でレーザーによる眼軸長計測が難しい状態まで進行してしまう場合がしばしばあります。

さらに白内障が進行すると水晶体の中心部(核)が硬くなり手術が難しくなり、手術時間が長くなったり術中併発症を起こし易くなります。

さらに手術をせずに放置していると緑内障などの病気を併発してきて手遅れ状態になってしまいます。

<<手術の時期>>

50歳代の50%、60歳代の70%、70歳代の90%、80歳代の100%に白内障があり、手術が必要になるのは50歳代の10%、60歳代の30%、70歳代の50%、80歳代の70%といわれます。

 

3.当院の手術の特徴

当院では、手術の安全性を高め、安心して手術を受けて頂くため、手術設備や検査機器には最高クラスのシステムを導入しています。
また、当院では レンティスコンフォート(LENTIS Comfort;参天製薬) を使用した白内障手術に積極的に取りくんでおります。
『レンティスコンフォート』は保険診療適応の単焦点眼内レンズです、『低加入分節型眼内レンズ』と呼ばれ、半分が遠くに焦点があたるレンズ、もう半分が少し近くが見えるような度数が入ったプレート状のレンズです。

この加入度数の違いに焦点に幅ができ、遠くから中間の距離をクリアに見ることが可能となります。
多焦点レンズに近いレンズですが、保険診療適用のため、多焦点レンズのように高額な費用もかかりません。
多焦点レンズに見られる『コントラスト感度の低下』や『ハロー・グレア』といった副症状がほとんどないことも積極的に使用する理由の一つです。

白内障手術は、日帰り手術・入院手術のどちらも行っておりますので、自宅のほうが落ち着く、家に帰っても一人で不安、何度も通院は大変などご希望がございましたらご相談下さい。

手術後の見え方について

手術により、視力、色調、明るさの改善が期待されます。白内障以外の目の状態も視力に関係があるため、術後の視力には個人差があります。
また、手術後に見え方は改善しますが、老眼や乱視は残るため、メガネがある方がより良く見えます。
裸眼でもよく見えたい方は、当院では乱視矯正や多焦点レンズなどの特殊なレンズでの治療も行っておりますので、ご相談ください。

白内障2

【通常の眼内レンズの場合】
老眼により、遠くは見えるが、近くはぼやける。眼鏡で調節します。

 

白内障3

【多焦点眼内レンズの場合】
裸眼でも遠くと近くにピントが合います。

 

↑