福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

白内障
HOME > 白内障

白内障

白内障により濁った水晶体
※白内障により濁った水晶体


白内障は年齢、糖尿病、アトピー、外傷などにより、眼の中にある水晶体が濁る病気です。水晶体は眼の中でレンズの役割する部位であり、濁ったレンズを通して物を見ることになるため、視力の低下、霞み、まぶしさ、2重に見えるなどの症状が出現します。

白内障1

白内障治療

手術により挿入された眼内レンズ

手術により挿入された眼内レンズ

白内障は点眼薬などで進行を遅らせることができますが、一度生じた濁りは点眼薬などでは改善しません。
そのため、すでに見えにくくなっている場合には、白内障の手術を考えます。
手術は局所麻酔で10分程の手術となります。超音波を用いて濁った水晶体を取り除き、人工のレンズ(眼内レンズ)に置き換えます。濁りがなくなることで、視力の改善が期待できます。

手術後の見え方について

手術により、視力、色調、明るさの改善が期待されます。白内障以外の目の状態も視力に関係があるため、術後の視力には個人差があります。
また、手術後に見え方は改善しますが、老眼や乱視は残るため、メガネがある方がより良く見えます。
裸眼でもよく見えたい方は、当院では乱視矯正や多焦点レンズなどの特殊なレンズでの治療も行っておりますので、ご相談ください。

白内障2

【通常の眼内レンズの場合】
老眼により、遠くは見えるが、近くはぼやける。眼鏡で調節します。

 

白内障3

【多焦点眼内レンズの場合】
裸眼でも遠くと近くにピントが合います。

当院での治療

当院では、手術の安全性を高め、安心して手術を受けて頂くため、手術設備や検査機器には最高クラスのシステムを導入しています。
また、白内障手術は、日帰り手術・入院手術のどちらも行っておりますので、自宅のほうが落ち着く、家に帰っても一人で不安、何度も通院は大変などご希望がございましたらご相談下さい。

↑