福山市の眼科なら福山の眼科堀病院。一般眼科診療から白内障、緑内障、加齢黄斑、コンタクトレンズの処方まで。的確かつ迅速に診断いたします。

ロゴ

糖尿病性網膜症
HOME > 糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症による眼底出血

糖尿病網膜症による眼底出血

糖尿病は自覚症状があまりないため、気付かないうちに全身に様々な合併症を引き起こします。糖尿病網膜症は糖尿病による眼の合併症であり、糖尿病が眼の血管を障害し、血液の流れを悪化させることで生じます。初期は症状がありませんが、進行すると眼底出血や黄斑浮腫などが生じ、視力が低下します。そのため、見えにくくなった時には、すでに糖尿病網膜症がかなり進行した状態となっており、治療を行っても視力障害が残り易くなります。自覚症状が出る前に発見することが重要であるため、糖尿病を患っている方は症状がなくても年に一度は眼科で眼底検査を受けましょう。

糖尿病網膜症の治療

重度の糖尿病網膜症

重度の糖尿病網膜症

糖尿病の治療を行い、血糖値を改善させることが治療の第一歩となります。血糖値が改善することで病状の改善や進行を遅らせることが期待されますが、その後も病状が進行する可能性も残ります。病状が進行する場合は、必要に応じてレーザー治療や抗VEGF治療を行います。強い出血や浮腫、網膜剥離などを生じるようであれば、硝子体手術が必要となります。また血管新生緑内障と呼ばれる難治性の緑内障が生じることがあり、緑内障手術や治療が必要となります。

当院の特徴

当院では糖尿病網膜症の一般検査に限らず、蛍光眼底造影検査、OCT(光干渉断層計)検査などの特殊な検査も行っております。
治療が必要な方には、レーザー、抗VEGF治療といった治療から、重度の糖尿病網膜症に対する硝子体手術や緑内障手術も行っておりますので、
糖尿病網膜症でお困りのことがありましたらご相談ください。

↑